石の晃和について

当店のホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。株式会社石の晃和、代表の田中です。

当社は地域密着型の石材店として、皆さまから信頼と実績を頂いてまいりました。「誠実であれ」「正直であれ」をモットーに、「責任施工」「安心低価格」「無料見積・図面」「安心サポート」をサービスの柱として、皆様に満足をご提供いたします。お施主様のご要望を尊重し、真心込めてお墓づくりのお手伝いをさせて頂きます。

会社概要

会社名株式会社石の晃和
所在地【飯田本店・工場】
〒395-0821 長野県飯田市松尾新井6544-3

【伊那店】
〒396-0006 長野県伊那市上牧6481-1
TEL0120-077-148
9:00~18:00受付(年中無休)
創業昭和57年
代表者田中 透
事業内容墓石製作、神社仏閣石工事、石材関係全般
加盟団体日本石材産業協会、全優石
許可番号
建設業許可(般-28)第17051号
その他クレジットカード・電子マネー・QRコード決済に対応しています。
(VISA・マスター・JCB・アメリカンエキスプレス・ダイナース)

ご対応エリア

飯田市、駒ケ根市、伊那市、辰野町・・・をはじめとした、南信地方にて、お墓や石材のお仕事をさせていただいております。お住まいの地域が記載されていないお客様も、一度お気軽にお問い合わせください。

 

店舗(展示場)、工場のご紹介

飯田本店 展示場

石の晃和飯田本店は、〒395-0821 長野県飯田市松尾新井6544-3にございます。ゆったりとした駐車場がございますので、車でも安心してお越しいただけます。

複数の墓石を展示しています。実際に石の色合いやデザインをご覧いただくことで、より具体的にお墓づくりをイメージしていただけます。

店内の応接スペースです。清潔で気持ちよい店内で、ゆっくりとお話をお聞かせください。

弊社の新型コロナウィルス感染予防対策について

お客様と従業員の健康を考え、以下の感染予防対策を実施しております。
・スタッフのマスク着用・手洗いの徹底
・店内入口にアルコール消毒液を設置してます
・受付・カウンター廻りや扉などの消毒を毎日定期的に実施してます
・対面カウンターではアクリル板の衝立を設置してます(飯田店)

大型の画面にて、お墓の設計、カラー図面等をご確認いただけます。

また、飯田店横には工場も併設しております。

ひとつひとつの工程を丁寧に、質の良い技術力で仕上げてまいります。

〒395-0821 長野県飯田市松尾新井6544-3

アクセス

飯田駅から車で12分。松川右岸道路沿い
飯田インターチェンジから飯田バイパスを通り、永代橋を右折。松川右岸道路沿い
バス【EO阿島線】【E1遠山郷線】新井バス停 下車0分

伊那店 展示場

伊那店は、〒396-0006 長野県伊那市上牧6481-1、県道19号線沿いにございます。

明るい展示場内には、伝統的な和型墓石から、人気のデザイン墓石まで、複数のお墓を展示いたしております。たくさんの墓石や石材品を展示しております。どうぞお気軽にご見学へお越しください。

〒396-0006 長野県伊那市上牧6481-1

アクセス

伊那インターから約4キロ、車で9分。
伊那北駅から1.9キロ、車で約4分。

代表 田中透プロフィール

飯田市立鼎小学校卒業、小学校時代は柔道に励みました。
飯田市立緑ヶ丘中学校卒業、 中学校時代は野球部入り野球に励みました。
長野県立飯田長姫高校建築課卒業(現 飯田OIDE高校)、高校時代は軽音楽部に所属しエレキギターを担当、パンクを愛しライブに明け暮れました。
安藤大理石入社、丁稚奉公として建築の石工事全般の修業をさせてもらいました。

【工事部】番頭として職人さんと現場監督との打ち合わせ、他業者さんとの段取りや墨だし、石材の搬入等現場での工法や段取りを一番最初に学びました。バブル絶頂期でしたので毎日早朝から深夜まで本当に辛く大変でしたが今となっては本当に良い経験として身になっています。
【設計部】現場施工で最も大切な図面の作成を担当しました。細かい石の取り合いや設置工法に不備が無いか等、工事部での経験を活かし毎晩遅くまで図面を引いていました。高校時代の経験も有り、設計部は細かい作業でしたがとても楽しかったです。
【営業部】設計図から石の数量を拾い出し積算見積もりを行っていました。物件を受注できるかどうかの一番大切な業務でしたので気をつかい本当に大変でした。また当時の各現場の所長は怖く、人と人とのお付き合いや受注する大変さを学ばせてもらいました。

趣味・・・映画鑑賞 ゴルフ(最近は五十肩に悩まされ苦労してます)、色々な人と集まり飲むのが好きです。


昭和49年2月。当時2才だった私は風呂窯に落ちて全身の90%の火傷を負い半年間意識不明だったらしいです。母親が夜間に病院を3件廻ったそうですが全て断られ、最後に行った総合病院でたまたま各分野の先生達が会議をしていたらしく奇跡的に助けられたそうです。
今私はなぜ生かされているのか・・答えはまだ見つかっていませんが、偶然にも今このような供養業界に携わっているのが何らかの鍵なのかも知れません。人生の答えが分かるまでは時間が掛かりますが、それまで一生懸命学び人間力を高め私と出会う全ての人に感謝が言える人生を送っていきたいです。

ごあいさつ

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。お墓のこと、石材のことでご要望やお悩みがございましたら、お気軽にご相談くださいませ。皆さまのお役に立てますよう、誠心誠意、ご対応をさせていただきます。よろしくお願いいたします。

上伊那・下伊那、細やかな事も気持ちよくご対応します